祭神: 高龗神(たかおかみのかみ)

由緒: 本殿横案内板より

貴船神社・奥宮(きふねじんじゃ・おくのみや)
当地は、貴船神社が当初創建されたところで、当社の祭神も本宮と同様、雨や水をつかさどる神「高龗神(たかおかみのかみ)」である。
社伝によれば、「反正天皇(はんぜいてんのう)の時代(五世紀初頭)に、玉依姫命(神武天皇(じんむてんのう)の母)が黄船に乗って浪速(大阪)から淀川、鴨川、貴船川をさかのぼって当地に上陸し、そこに祠を営んで水神を祀ったのが当宮の起こりである」とのことで、地名及び社名の起源をこの「黄船」にもとめる説もある。
境内の本殿横には、この伝説にまつわる「船形石」(ふながたいわ)があり、これを積み囲んだ小石を持ち帰ると航海安全に御利益があるとされた。
また、本殿下には巨大な龍穴があり、文久年間(一八六一~一八六三)の本殿修理の際、大工があやまってノミをこの中へ落としたところ、一天にわかにかき曇り、突風が起こり、ノミを空中へ吹き上げたという。
この他、宇治の橋姫伝説や和泉式部の恋願成就など、当社にまつわる逸話は数多い。
なお、当社境内周辺には昭和六十年(一九八五)六月に京都市指定天然記念物に指定されたカツラをはじめ、高木が多く見られ、自然遺産の宝庫でもある。
京都市

※  貴船神社公式ホームページ掲載の各社由緒はこちら

※ 「船形石」(ふながたいわ)の写真はこちら