祭神: 磐長姫命(いわながひめのみこと)

由緒: 境内案内板より

神武天皇 ( 初代の天皇 ) の曽祖父にあたられる瓊瓊杵尊 ( ににぎのみこと ) が、
木花咲耶姫命 ( このはなさくやひめのみこと ) を娶らんとする時、父の大山祇命
(おおやまつみのみこと ) が姉の磐長姫命も共におすすめしたが、瓊瓊杵尊は
木花咲耶姫命だけを望まれたため、磐長姫命は大いに恥じ、
「 吾こゝに留まりて人々に良縁を授けよう。」
といわれ、御鎮座したと伝えられています。

古くより縁結びの神、「恋を祈る神」としての信仰が篤く、平安時代の女流歌人
・和泉式部(いずみしきぶ)が切ない心情を歌に託して祈願したという話は有名です。
(和泉式部の歌碑が、この上の境内に建っています。)

昔はスゝキ等の細長い草を、今は「 結び文(ふみ) 」 を神前に結び付けて祈願する習わしがあります。男女間の縁だけでなく、人と人、会社と会社、就職、進学などあらゆる縁を結んでくださる神様です。

※ 貴船神社 結社(京都府京都市左京区鞍馬貴船町187)の盃状穴写真はこちら